結婚式の引き出物のマナー

結婚式の引き出物の元々の意味は、披露宴に出席して下さった方への婚礼料理のお土産でした。

そのため、どなたにも同じものを贈るのが一般的でした。しかし、料理を持ち帰ることの衛生上の問題などもあり、最近は頂いたご祝儀に対するお礼またはお返しの意味合いの方が強くなっており、ご祝儀に合わせて贈る品物や金額を変える贈り分けをするカップルが増えています。
一般的に結婚式の引き出物として選ばれるのは、品物と引菓子という2種類になります。

しかし、地域によっては、古くからの慣習に従ったしきたり品を加えることもあります。



割合よく見られるのは、紅白饅頭や鰹節、赤飯、縁起物の和菓子などです。

この他、地域によっては、結婚式の引き出物はなるべく重たくかさばるものが良いとする場合もあります。地域の慣習や家ごとの決まりなどについては、両親や年長の人に聞いておくとトラブルになりにくいです。引き出物を選ぶ際には、分けられない奇数の数を選ぶとするマナーが一般的です。

期待できるGirls Channelの分かりやすい情報はこちらです。

しかし、これについても考え方はさまざまです。
品物と引菓子の2つにして1つずつの価格を高いものを選ぶというパターンもあります。


また、品物としきたり品と引菓子で3点とする場合や、品物を3点としきたり品、引菓子で5点とする場合もあります。



親族や上司には5つで友人には3つにする場合や、全員数は同じにして、メインの品物を人に応じて別のものを選ぶという方法にする場合もあります。